ブログ

ビットコインの購入方法ってどうするの?買い方をbitflyerにて紹介

ノアコインにご興味を持たれた方でも、今まで暗号通貨について馴染みが無かったかたも少なくないかもしれません。

また4期に渡るプレセール期間には休止期間もありますので、プレセールの実施までやきもきされている方も多いかもしれません。そんな方々に、まずは暗号通貨とはどういったものなのか?を知って頂くためにも、小額で構いませんので、ビットコインを購入しておくことをオススメします。

日本には多くの取引所がありますから、ビットコインを購入して保管しておく一連のプロセスがわかれば暗号通貨に対する理解は必ず深まります。

弊社スタッフも、『暗号通貨に興味はあるけど・・・どうしたら良いのかわからない』という人の1人でした。弊社スタッフにbitflyerにて暗号通貨を購入する手順をまとめた際に使用したものを利用して、ここではビットコインの買い方を画像つきで説明します。

 

ビットコイン取引所への登録

まずはビットコインを購入するために取引所への登録が必要となります。

当サイトでは、ビットコインの取引所として、ビットフライヤー(bitflyer)をご紹介します。

 

ビットフライヤーを奨める理由

上記画像からもわかるように、①ビットフライヤーの株主が大企業であること、②損害保険契約をしていること、が当サイトでビットフライヤーを奨める理由です。

 

では、さっそくビットフライヤーの登録方法からビットコインの購入方法を見ていきましょう。

ビットフライヤーへの登録

まずは、メールアドレスを入力してアカウントの作成ボタンをクリックします。

登録したメールアドレスにビットフライヤーから登録確認メールが届きます。

URLをクリックして認証を行うか、メールアドレス入力後に表示されている「キーワード欄」にキーワードをコピペして貼り付けてください。

初回のパスワードは決められていますので、ログイン後に変更しましょう。

 

ビットフライヤーのアカウントクラス

ビットフライヤーでは、必要事項の入力や必要書類のアップロードを通して、アカウントクラスをアップデートできます。

ビジネスクラスを目指してアカウントをアップデートしましょう。

利用規約に同意後はそのまま本人情報を入力できます。指示に従って、入力を続けましょう。

 

本人確認書類の提出

ビジネスクラスにアップデートするためには、本人確認書類が必要となります。

1、セルフィー画像
2、表面
3、裏面

の3点が必要になります。セルフィー画像では、免許証などの文字が不鮮明ですと、再アップロードを求められますので、なるばく免許証の表面をカメラに近づけて撮るようにしましょう。

アップロードをしてから、早ければ1日ほどでビジネスアカウントにアップデートが完了します。

ビットフライヤーからアップデートのお知らせが届きます。「no-reply@bitflyer.jp」からメールが届きますので、受信設定をしておきましょう。

 

実際にビットコインを購入してみよう!

ビットコインを購入する時は、

1、銀行振込で日本円を入金してからの購入
2、クレジットカードでの購入

の2つから選べます。クレジットカードでビットコインを購入する場合は、購入したビットコインは1週間、送付ができないのでご注意ください。

銀行振込の場合

銀行振込の場合は、左のタブから入出金を選択すると、あなた専用の振込口座が表示されます。

こちらのビットフライヤーの銀行口座に必要な分だけ日本円を入金してください。ビットフライヤーへの事前連絡も事後報告も必要ありません。弊社スタッフの場合は、午後2時に入金を完了し、2時半にはアカウントに反映されていました。

 

次にビットコイン販売所のタブをクリックします。

数量は「1」「0.1」「0.01」と小さい単位からも選べますので、必要なビットコインの数量を入力しましょう。

右側に日本円参考総額が表示されますので、ビットコインに替えたい日本円分だけ設定したら「コインを買う」を押します。

これでビットコインの購入が完了しました。

 

クレジットカードの場合

クレジットカードで購入する場合は、日本円を入力します。

クレジットカードはVISAかMasterCardが使用できます。アカウントはビジネスクラス以上でクレジットカードが利用できます。

何度も申し上げますが、クレジットカードで購入する場合は購入後、1週間は売却や送付ができません。

 

まとめ

以上がビットコイン取引所の登録方法から、実際のビットコイン購入方法でした。

意外に簡単だったと思います。

ビットコインは取引所で保管しておくこともできますが、自分専用のウォレットを作成し、そちらにビットコインを入れておくのが最もセキュリティが高い方法となっています。

ウォレットの作成方法とビットコインの送付方法は別の記事でご紹介します。

関連記事

  1. ビットコインをウォレットで保管しよう!bitflyerからの送付…
  2. 世界一わかりやすい!暗号通貨の歴史と今後の未来予想。※2017年…
  3. 兌換紙幣から不換紙幣になったことと暗号通貨の需要の高まりの関係。…
PAGE TOP