ブログ

ビットコインをウォレットで保管しよう!bitflyerからの送付方法

以前の記事では、暗号通貨に慣れ親しむためにもビットコインの購入方法についてお伝えしました。

ビットコインは取引所に保管しておくことも可能ですが、取引所はいわゆるソフトウォレットと呼ばれているもので、ブロックチェーン技術を最大限に利用するためには、自分自身のウォレットを作成して、そちらのウォレットにビットコインを入れておく必要があります。

今後、ビットコインを使った決済サービスは世の中に溢れてくることが予想されていますので、ウォレットの開設からビットコインの送付方法をこの記事で学びましょう。

ビットコインを保管するウォレットの作成方法

まずは、以下のURLをクリックしてウォレットを開設します。

https://blockchain.info/ja/wallet/

次にメールアドレスとパスワードを設定します。

念のため、パスワードは解読されづらいものにしましょう。また、大事なお金を入れるウォレットですので、パスワードの使いまわしはやめましょう。

メールアドレスとパスワードを入力後、以下のようなメールが届きます。

必ず、「Verify Email」のリンクをクリックしましょう。「Verify」とは「有効化する」という意味です。

画像では、モザイクをかけていますが、「お客様のビットコイン財布識別子」は今後ログインに必要になりますので、コピーしておきましょう。

これでウォレットの開設は完了しました。

次にビットフライヤーにて購入したビットコインをウォレットに送付します。

 

ビットフライヤーからの送付方法

まずは、作成したウォレットから受信アドレスを作成します。

ウォレット内の受信を選択すると、受信アドレスを表示することができます。

今回は文字列をコピーします。

ウォレットではQRコードを表示させることも可能なので、スマホにウォレットを入れる方はQRコードを読み込んだり表示させることによって簡単に送受信ができます。

次にビットフライヤーから、コピーした受信アドレスを設定します。

入出金 → BTC送付

を選択します。上記の画像の例ではすでにいくつかビットコインアドレスを設定してしまっていますが、送付先をいくつも設定する場合はわかりやすい名前をつけておきましょう。

ウォレットの受信アドレスを貼り付けたら送付する数量を決定して、送付します。

ビットコインはウォレットにすぐに反映されます。完了するまでには10分程度時間がかかります。

ビットコインの受信が完了すると上記の画像のようになります。

 

これで、ビットコインをウォレットに送付することが完了しました。

今回はビットフライヤーで購入したビットコインをウォレットに送付しましたが、送付方法がわかれば、別の場所にも簡単に送付ができるようになるかと思います。

 

まとめ

ビットコインは取引所で購入後にウォレットに移しておくことをオススメします。

ビットコインは買ってみたけど、ウォレットはまだだった・・・という方は送付の練習も兼ねて移行しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 兌換紙幣から不換紙幣になったことと暗号通貨の需要の高まりの関係。…
  2. 世界一わかりやすい!暗号通貨の歴史と今後の未来予想。※2017年…
  3. ビットコインの購入方法ってどうするの?買い方をbitflyerに…
PAGE TOP